2005年11月08日

金魚を買ったんですよ

今日2匹買ったんです。琉金@¥280
ちょっと丹頂っぽく頭と尾びれが赤くて体が白い金魚を選んだ。
水槽で横から見るとなかなか可愛い顔つきをしていたんだけど、
うちでは金魚は陶器の鉢で買ってるので、
上からしか見えないから顔はそう見えないんだけども。

うちにすでに居る金魚はエサ用の小赤ちゃん2匹。
10匹で300円くらい?
こいつらと同居予定です。

今度写真載せようっと。

明日まで元気だといいんだけど。(え?)
ノラ猫に食べられないといいんだけどね。
(小赤は食べられた事はない。)
posted by ゆ at 23:50| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

最終選考に進出だー

やったぞー。
3次選考通過の案内がきましたぞ。
ふ〜。
あとは最終の役員面接ですッ
緊張します。。
posted by ゆ at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

料亭かレストランじゃぁ・・・

浅草に行ってきました。

式場紹介の方々に、神田明神から近い上野か浅草あたりはどんなもんじゃろ。と相談したので、浅草のお店をいくつか教えてもらったのでした。

本来は式場紹介所を通して、訪問するのが筋なんですけど、先週はあまり彼と話し合えてないので、4箇所すべて話しを聞いて回るのも時間的に無理だし、その場で聞けたら聞くのスタンスだったのですが、なにしろ料亭は我らにとって敷居が高いので、アポなしでは入れませんでした。情けないのう・・・

そんで、○ューホテル(バレバレだよ。)だけは、さすがにホテルなので専門のカウンターがあり、そこで話をしてきました。
でも、人数的に、館内レストランじゃキツイということがわかり、宴会場を薦められました。
それで見積もってもらったんだけど、超シンプルでも装花は各テーブルに要るから、料理以外のところで結局少し費用がかかる。
見積もりの装花代はショボイ最低金額のはずだから、ちょっとでも要求を出せばグッとあがるかも知れぬ。それに買うならお持ち帰りしたいしねぇ。
まぁ、持ち帰るなら費用は納得するとしても。

見晴らしが良いと言ってもそこは浅草。
眼下に見えるは、花やしきに浅草寺。そしてアサヒビールのビル。



・・・・微妙じゃね?

もう一箇所、浅草では高層なレストランを教えてもらったのですが、方角は同じ。
でも、もう眼下から何もないのですよ。逆向きがベストなビルなんですね。
(同フロア反対側には、ウエディングも受け付けるフレンチレストラン)
葛飾方面見ても、ランドマークは何も無い。だから場所を確認しただけで辞めた。
多摩もんと千葉もんが、都心部で景色見てそれじゃぁガッカリでしょ。
展望の意味なしってもんよ。

彼は、人(私)任せのうえに、気楽なところしか行きたがらないので、ホテルが良いと言ったけど。私もそれでもいいかぁって思って、そのときは帰ってしまったのですが。

ちょっと待てよ。と。

『ホテル内でも良いけどレストランか料亭。
 披露宴会場にはしない』

って決めたのが、丸で台無しじゃん!

ダメダメ!!
ダメでしょ!
これじゃ、ただ安くあげるためだけに会食にしたイメージしか受けないし!
そのホテルの理由ないし、全然渋くないし、浅草まで行く意味ないよ!
(○ューホテルは、和風披露宴に力を入れているので、神社式&披露宴をやるには良いと思ったけれどね!!)
だったら、バス手配するより、最初から帰りが便利なターミナル駅近くの方がいいし。
浅草は好きな街なんだけど、縁やゆかりはないので、
費用面じゃなく、こだわりが見える選択をしないとダメだよね〜


再度良い聞かせねば。
posted by ゆ at 23:50| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親離れ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

中途面接第2回

3次選考な面接の日でした。
前もって控え室で、「前回と同じ質問があるかもしれませんけど、」と言われて始まったのですが、やはりあまり突飛な質問はなかったように思います。
試験官は2人から3人に増えましたけど、2度目なのでなんとか緊張しつつも前よりはちゃんと答えられたような気がします。

でもどうかなー。
言い切ってから、「あ?質問とズレた?!」とか冷や汗出そうになった質問もいくつか。
前回よりはうろたえなかったと思うのですが。
面接自体は終始和やかな雰囲気だったとも思うのですが。うーん、でも他の子も似た雰囲気の人たちだったから、面接はみんなそうかもな。

あと、やっぱし会社によると思うのだけど、履歴書に欄が無くとも趣味は書いておいたほうがいいかもしれないね。聞かれれば話題にできるからね。

時間差で、私の他にも数人応募者がいたのですが、面接が後の人は先に小論文を始め、もちろん先に面接が終わった人は小論文を始めており、私は最後に開始したのですが、ほかの人たちは書く音がほとんどしていないのに、私ばかり鉛筆を"カッカッ"言わせていて、ちょっと恥ずかしかったね。
本当はそんな事気にして無いんですけど。

ちょっと時間配分で構成に時間取りすぎたみたいで、時間内でぎりぎり書き終わらせて、あまり見直しできなかったのが気になってる!!すっかり忘れて、結論を後回しにしちゃったので、最後まとめることに焦ってしまって、それもタイトルとちゃんと合わしきったかどうか怪しい。
開始前に「小論文より面接重視なので、とりあえず800字は書いてくださいね。足りないとどうにもならないから・・・」と、担当の人が言っていたのに賭けます。

あぁ〜受かりたいナァ。
今回通ってもまだもう一回面接があるんだけども。
私は新卒入社の時でさえ面接は2回だったから、重々しい気分になりますな。
posted by ゆ at 23:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

こどもがいっぱい

今日はホームに入っているおばあちゃんに両親と会いに行きました。
行きがけ、父の用事で水天宮のそばへ行ったので、ちょっと覗いてきました。
七五三の家族連れ(おじいちゃんもおばあちゃんも!)がそれはもう沢山いましたよ!
季節ですねぇ。(*^_^*)
七五三と同時に、お宮参りの親子も沢山居ました。
さすが安産の神社なだけあって、妊婦さんもいましたけどね。
お宮参りに来た親子は、きっと妊娠中も安産祈願に来たんだろうなーと思いながら見ていました!

子供の衣装も鮮やかで、模様や色がシックな子もいれば、龍がドーン!と背中についた羽織を来た子もいたり、草履は親が持って子供は足袋で歩いている子がいたり。
なかなか面白い光景でした。


おばあちゃんは、ますます白髪が減って、肌の色艶が良くなってました。
見るたびに元気そうになっていくんだよね。。
すごい回復力手(チョキ)
「無理。歩けない。つかれた」と言ってるけど、
本当は一人で歩けるんじゃないか・・・?と、皆が思っていたりする。

帰り際、叔母が「言っちゃおうかな〜どうしようかな〜」と言いながらも、
従姉が「梨農家にお嫁に行く事になるかも」なんてことを言っていた。
数年前から彼が梨農家の人みたいなことは聞いたことあると母は言っていたが(私は存在だけは聞いていたがそれ以上は知らなかった)、改めて叔母ちゃんが言い出したってことは、「具体的になってきたってことかな?」なんて、横浜で食事した後私の運転(両親はビールを飲んだ!)で帰ってきながら話した。
ちなみに私のことはまだこれっぽっちも言ってません。
日程だけが心配かもダッシュ(走り出すさま)
いずれにしろ、こっちも早めに伝えた方がよさげだね。

横浜はなんか妙に安い中華料理店『天香楼』(上はカラオケ屋)に行った。
入るときは安くてちょっと心配した(北京ダックが4切れで1000円)けど、結構美味しかったよ。
posted by ゆ at 23:59| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ひよこが先かにわとりが先か

式や会食のことで、何度も何度も考えが堂々巡りしちゃってました。

私の場合、ありがたい事に彼も、彼の両親も「ゆちゃんのやりたいようにやるのが一番」と言ってくれており、私の親もあまり要望を言いません。お互いの祖母の意見を伺う必要もない。
なので、条件がゼロなのです。

昨今は、結婚に対し、当たり前の事とか風習が無くなりつつあるので、選択肢も無限にあります。無限にあるなかで「1回きりだから、最善の方法はなにか。」と考えてしまうとキリがなくて困惑してもいます。

私にも、高校・短大・会社時代の友達が有難いことに何人かいて。
その友達の中で既婚者は2人だけなんだけど、その2人は結婚式呼んでくれたし、
今後、友達が結婚する時は、私も式に行きたいしお祝いしたい。
呼ばれなかったらやっぱりちょっと寂しいと思う。
私も一般的に披露宴をやるとしたら、彼女らを招待したいし来てくれると思える。
私が呼ばなかったら「呼んでくれないのかー、寂しいなー」と思わないかな?って考えた。

彼の考えは「披露宴も結構負担かけるし、自分の友達は『2次会に呼んでくれたら十分』と思うと思う。」だそうで。
それも分かるなぁ。。

それなら今度は2次会のこともちょっと考えてみた。
私は、式から行き来したい友達以上の人数はあまり居なかった。
会社も辞めてるし。
彼は、やっぱり会社の同僚を中心に幼馴染も一緒でよい(全部男)という。
「俺が仕切りますよ!」と言ってくれた後輩もすでにいるとかいないとか。
念のため「出会いの提供はできないよ・・・?」と言っておいた。
「そういうつもりじゃないと思うから大丈夫(苦笑)」と言っていた。
共通の友達が居ない(笑)分、偏った盛り上がりにはならないと思うけれど。
でも小人数グループだと、行き場がなかったりするでしょう。
そうすると、参加した方はお祝いしたい気持ちはあるんだけど、居場所がなくてスッキリしなかったりするよね。それは切ない。

そういった内容を、改めて話し合ってみた。
それから、

・披露宴と2次会で友人を分けることは難しい。
・式は和装で神社でやりたい私の希望
・今後のつき合いはともかく、これまでの感謝という(前向きな)義理で親戚を招待する


という"目的"を確認した。
それを元に、以下の条件を確認。

・神田明神で式(貸衣装)に決める(予定。たぶん。きっと。)
・式から親戚に出席してもらい会食へ流れる
・式とセットなので引き出物は用意する
・あくまで会食なので披露宴会場にはしない→料亭orレストラン(ホテル内含む)
・親族が慣れていなそうなので洋食にはしない→和食or中華
・会食は昼〜午後
・会食の予算は¥**,***@1人
・会食時の私らの服装はスーツ&ワンピのつもり
 式での羽織袴が持ち出せれば(別料金)私が母振袖を着る案もあり


そんな感じになりました。
そもそも、そんな流れにはなってきてたんだけれど、
私が場所を探す上で余所見をしないためにも確認しました。

近年親戚づきあいが薄くなってきたところで、母から言われた
「同じ大金使うなら、親戚より友達に見てもらった方が。。」
という言葉が心に響いて毎日グラグラ揺れてたのです。

「私たちを見てー!見に来てー!」とも言えない、主役が苦手で地味な2人なので、「披露宴しないのか。楽しみにしてたのに。」と言ってもらえたら、
お祝いの言葉と受け取り、ありがたく思います。
ほんとうに、義理を欠いて申し訳ないです。


宴はないけれど、当日、もしヒマだったり、
その時間(電車などで)通りかかるようだったら、物見遊山のつもりで、
神社に気軽に覗きに来てもらえたらいいなと思います。

中途採用の3次選考(面接&小論文)が終わったらまた、親族の会食場所を探そうと思います。
父から請け負ったバイト(父のお小遣いから)は明日中に終わらせるぞー。おー。
posted by ゆ at 23:59| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 親離れ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ウチにお泊まり2

前日「明日は(起床は)9時でいいから」と母が宣言したので、みなその通り起きました。

朝食(というかブランチ)後は、予定も決めていなかったので、テレビ見たり新聞見たりして過ごし、2人で海釣り施設を見に出かけました。

釣れていそうだったらやるつもりでしたが、あまり釣果は良くなかったようなので、入り口の建物だけでフラフラしつづけ、ぐるっと近所を回って家に戻りました。
私も、彼と出かけても良かったのですが、特に目的もなく家を出てその後電車で帰るのも何なので、私を家に置いて今日は帰ってもらうことにしました。

まだ1時ごろだったので、彼は渋滞もなく順調に帰宅したそうです。

一泊した事で、彼の私の家族への緊張感も解けたらしく、また私もウチに彼が居る状況がなぜか可笑しく、あまり2人で会話はしませんでしたが、楽しく過ごせました。
意外な父の企画のおかげでした。

でも、父は満足な親睦が図れたと思っているかどうかわからないけれど。

そして彼はと言えば、予定していた1月に家族顔合わせ食事会開催の宣言をしないで帰ってしまったのでした。
posted by ゆ at 23:59| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ウチにお泊まり

彼が結婚の挨拶に来たあと、父が「ウチに泊まりに来てもらって」と言いました。
「お酒でも飲みながら親睦を深めよう」という目的らしいです。

父が「昼間は遊びにでも行って」と言ったので、午前中うちの前を通って私を車で拾ってから外房へ釣りでもしに行き、午後帰って夕飯を食べる・・・というようなつもりだったのですが、彼の寝坊と、カーナビの故障でディーラーさんからディスクを受け取るために我が家への到着が遅れ、外房までは行けませんでしたが、ちょっくら2人で出かけてから予定通り夕方帰宅しました。

彼は、やはり荷が重かったらしく、「あ〜やっぱり帰りますって言えないかな。」とか運転しながら言っていました。
酒好きな両親なので、父は彼にどんどんお酒を薦め、彼は無口になって行き、私は眠くなるという状態でしたが、4時間くらいはダラダラと晩餐が続いておりました。

途中(というか終盤)父は彼に「ゆのどういう所が良いと思ったの」とか聞き始めて、勘弁してくれって感じでしたが、彼は彼でわけのわからないことを言ってやり過ごしていました。

父は欧州出張時のお土産のベルトを渡し、友好を図っていました。
色違いの弟へのお土産は、長すぎて家で切ったり穴開けたりとひと騒ぎでしたが、彼へのベルトの長さはちょうどでした(太っているわけではないよ)。

彼はインターネットをしないので、気になる料亭のサイトを見せたりしていたんですが、それに飽きて今度はソリティアを始めてしまいました。眠そうにしながらもやっていました。
「(家族がつかえるし、)眠いならやめてお風呂入んなよ。」と言って彼をお風呂に入れさせたのですが、その後今度は父に女子十二楽坊のV-CDを見せられてしまいました。
私がお風呂を出てから切り上げさせて、やっとお開きとなりました。

慣れない状況に疲れたかアルコールのせいか、それぞれ布団でバタンキューだったようです。
posted by ゆ at 23:59| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

またダメだった

凹むなぁ。

派遣面接また落ちました。。
やっぱり結果が遅いというのは他の面接結果待ちってことだな。
この前の引き受けときゃ良かったって話か。
いやいや。
一応理由を聞いたら、他の派遣屋からマーケティング分析経験のもっとある人が来たそうだ。
どうせ私は中途半端だよ。

今日会社いたときの後輩からTEL。
何かと思えば、一昨年のDEBITNOTEの控えデータがどっかにないですか?って話だった。
消したような気がするなと思いつつ、心当たるサーバ内のフォルダを探してもらったけど、やっぱり消してた。

しかし、2年前の伝票系書類は失くしちゃいけないものだよな(汗)
事務所改装&引越しで倉庫のどっかにいってしまったそうだ。

結局、「紙が無いならデータも無い」で終わっちゃったんだけど、その後
『すごい記憶力ですね〜』って感心された。
いやいや、新しい仕事してないからだよ。ソレハ。orz
posted by ゆ at 23:00| 千葉 | Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。