2005年11月15日

見学ラストとなるか。

千代田区の有名なお食事処T會舘に見学に行ってきました。
平日なので一人で。
うん。さすがだね、ホテルのようだね。
最上階も10階程度のところだけど、すばらしいね。

でも、なんで古い所はじゅうたんが変な柄なのかね?
気にはいったんですけれど。日曜日にいったPホテルのレストランの方が私は好きかも。
Pホテルのそのレストランはカジュアル風味で気楽なの。(料理はフレンチのみ)
予算的にも余裕ができるしね。
余裕があれば引き出物とか衣装とかケーキにも回せるし・・・。


日本料理ができる会場という条件で探してもらってもいたので、
T會舘はフレンチも中華もできるのですが、日本料理で相談に乗ってもらいました。
料理は、T會舘ですもの、きっと美味しいんだろうなー。
と、思うのですが・・・メニューのパンフを見せてもらいましたが。
どうも、私はあまり会席料理に魅力を感じられないみたいなんだよねー。
飲み会なんかはあっさりさっぱりした和食が好きだけど。
『自分たちも食べる』というテーマがあるので、食べたいものが食べたいよなぁ。

会席料理って、一皿一皿が"少なく品良く"だからか。
写真で素材の良さは感じる事ができないからだろうか。
店や料理人による盛り付け(見た目)の違いはあまり無いしね。


でも、電話で話したら彼は、「できたら日本料理がいいんだけど・・・。自分も親も、親族も」という感じなの。いや、最初から日本料理の方がいいとは言われていたんだけど。
フレンチとかイタリアンとか、ましてやフルコースなんて早々食べた事ないからフォークとナイフに苦手意識があることは否めないと。
うちは洋食派なのね。というか肉食だから。

格は同等じゃないかと思うのよ。

Pはそうは言っても、その中のカジュアルレストランだから、あまり堅苦しく考える必要もない雰囲気にできると思ったので、気楽に構えてもらえそうと思ってるんだけれどね〜。それは会場を観てない人にはわからないし。
Tは、平日会員制ということで、古めかしくもあり、スペースを広く取って贅沢な雰囲気なのですよ。人数少ないのにフロア貸切になるし。お箸なら慣れてるから気楽っていう考えは、この会場だとちょっとどうですかー。どうでしょうねー。


彼は両方の店名すら知らなかったんだけども。(想定内だけどガックリ)
彼のご両親も知らないって。(想定内だけどやはりガックリ)


こっちは『有名ドコロだゾ、老舗だゾ』と思っているから、それが通じないとやっぱり残念だわ。。費用にはネームバリューに対する値段も入ってくるわけだからね。
生活に関わらないからね。知らないのは仕方ないけれど。

とりえあえず、浅草に行った時、アポなしとはいえ料亭訪問を2件門前で「やっぱいい」と言って話を聞く前に却下(それもただ入りにくいかったかららしい。)したくせに、いまさら「やっぱり料亭(なら日本料理だから)がいいかなぁ」とか、なにも検討して無い人(=彼)に言われた事がムカついたね。

なにしろあの人、"かしこまった事&場所"に弱すぎるから。(-_-メ)
posted by ゆ at 23:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親離れ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。