2005年10月17日

マリーンズ日本シリーズ進出!

おめでとーーー!!!
31年ぶり5度目、とのことですが、
私にとっては初めての優勝にも等しく。
記念にマリーンズギザギザ帽子風ブログヘッダーにしてみました★

今年はなんとか黒木氏も勝つことができたし、
今まで長らくマリーンズを引っ張ってきた初芝氏の活躍中の引退宣言と、
今年優勝しないでどうするよ!!っていう状態でしたが、みごとホークスを打ち破り、優勝となりました〜。

西武との試合はまったく中継も無くて、詳しくはわからなかったのが残念ですが、ホークスとの第2ステージは本当に良い試合運びだったと思います。
お互いのピッチャーの緊張感といい、ベニーの2塁打といい、
そして逆転を生んだ初芝の内野安打と、色んなシーンで気迫が伝わってきました。
選手たちは、最後のバッターが打ち上げた時にガッツポーズしていたけど、
見ているこっちは1点差ですからね、
「落とさないように!キャッチするまで気を抜くなー!」
と言いながら見てました。
好きなチームの優勝が決まったときは、やっぱりホロリとしてしまう。
試合最後まで、ボビーのインタビューまで中継してくれてありがとう、
テレビ東京。

ビールかけも、チャンネル変えながら見てしまうんだけどロッテは時間が短かったね。
ヤクルトが優勝した頃なんかはプロ野球ニュースが始まってもまだビールかけしてたものだけど。西武はプールに飛び込んだりさ。なつかしいなぁ。

プレーオフさまさま。

第1ステージの時は、シーズン勝率5割もいってないチームに負けたら悲惨だなァとか、ロッテを応援しつつも、1位だったのにホークスが勝たないのもなァなどと考えもしましたけれど、そもそもどんなに惜しくても2位ならシーズンは終わっていたわけですから、最後の最後まで緊張感のある面白い試合が見られるというのは、やっぱりファンにとってうれしいことですよね。

王さんが試合後のインタビューで、
「シーズン1位だと第2ステージが始まるまで間隔が開いてしまうことが残念」
と言っていたようですが、私ですら
「優勝チームがこの緊張感を持続したまま日本シリーズにいけたら」
と思うのだから、セリーグのチームがある意味不利であることは事実なのかもしれません。(去年中日が勝てなかったように。)

まぁ、やってるのはプロなんだから、その期間を有効に使って体力を整えるなり、ちゃんとモチベーション上げて試合に臨めよ!って話ですがね。

ロッテが近年ホントに強いこと、シーズン終盤からの勢いがあることを挙げても、ウン十年ぶりの優勝となると、そこで浮かれすぎちゃってシリーズ勝てなくなるということが多々ありますが、品の良いロッテファンのためにも日本一になって欲しいですね。


しっかし、フランコはフォーク空振りしすぎだよ!!
(前の打席でもフォークで三振したし)
1死満塁の追加点のチャンス、もったいなかった!!!!!

千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト
posted by ゆ at 23:45| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース/テレビ/新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ロッテこの調子で日本一だ
Excerpt: 17日に行われたプレーオフ第2ステージ5戦目で ロッテマリーンズが31年ぶりにシーズン優勝を決め 日本シリーズに進出を決めこの調子で日本一だ 3戦目でホークスにサヨナラ勝ちされて流れを持って..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-10-18 06:27

千葉ロッテマリーンズ31年振りにパ・リーグ優勝!
Excerpt: 千葉ロッテマリーンズがついに優勝しましたね。 しかも31年ぶりの優勝、長かったで...
Weblog: 100倍×HAPPY×ブログ
Tracked: 2005-10-20 02:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。