2005年10月01日

忍−SHINOBI

SHINOBIを観てきました。

土日が映画の日(1日)の時は、男性にもすごくおトク。
山田風太郎と藤沢周平は私の好きな2大作家でもあるので『蝉しぐれ』も気になるんだけど、以前のNHKのドラマが素晴らしかったので先延ばしし、あえてSHINOBIを選択。

SHINOBIは、山田風太郎の「甲賀忍法帖」が原作ですが、それを原作にしたコミック「バジリスク」の人気もあって映画化が決まったとか。

私は山田風太郎の忍者小説(忍法帖物と呼ばれる)はいくつか読んでいて、話の中にはエログロな場面も結構多い。
でも、グロいくらいの表現がこの人の書く登場人物の持つ特異体質の気持ち悪さを強調し対する主人公格の秀麗眉目な男キャラはより渋く凛々しさを増幅するし、エロい表現も美しい女性キャラをより華やかで艶やかに想像させるのだ。それに、ストーリーは言い回しも古臭さがなくて読みやすい。


で、
2年前(たぶん)、新聞に載ってたバジリスクの紹介を読んで、とりあえず試しに1巻を買ってみたものの、他のキャラはともかく朧と弦之介は、私の誇張されたイメージとは合わなかった。

映画化の話を知って、仲間由紀恵が朧だと知って、二人の愛を中心にして、忍者対決とか設定はないがしろになるんだろうなとは、宣伝の仕方から予想できてました。

映画を観終わった感想としては、
仲間由紀恵と、オダギリジョーのイメージを大切にしたラブストーリーになってましたね。
ストーリーの変更や端折りは、いつものことながら2時間に収めるために必要なことだから当然。ラストが違うのもかまわない。だけど・・・・・・
・・・以下思いっきりネタバレするので、映画楽しみにしてない方だけ反転してください。

原作では朧と弦之介は祝言が決まっていて、過去の確執に別れを告げて、二人の祝言をもって卍谷と鍔隠れを合併させようという段階にある。
朧も弦之介も幸福感でいっぱい。朧はポジティブシンキングな恋する乙女なわけでしょ。
そんな日々を送っているところに、決闘命令ですよ。
自分たちも若い頃運命と諦めた恋をしたジジババも、自分の孫らの幸せのためにも和睦しようとした矢先なのに、それでも迷わずこの不条理な約定を結ぶ。
そこから始まるからこそ、この悲劇が強調されるワケ!

なのに映画では、
朧は最初から弦之介と一緒になることをあきらめてる。意志も強い。
ジジババは過去にも触れられず、自分の名前も書かずに相打ち。
弦之介は終始自己中。甲賀者としての葛藤など無く、朧への愛で一直線。
朧は伊賀者としての決死の覚悟を早々にしているから、弦之介と対峙しても迷いがほぼ無い。
無いわけではないから、能力が使えなかったんだけどその気持ちを振り切って突進する。
最初から最後まで二人はせつない表情しすぎなのですよ。
最初だけは幸せオーラを出しまくってくれないと。

だから、盛り上がりに欠ける。

最後もね、家康に忍者がどんなことをお願いしたってムダだよね。
お互い殺し合わせようという企画を持ち出すような人に、「忍者だって人なんです!」みたいなこと血を流しながら何を訴えたってどうにもならないよ・・・。
あんなシーンと結末はいらない。余計。

脇役の活躍を端折ったのは潔くて良いけど、現代的にしようと精神的な設定を削りすぎてしまったよ。
幸せになれそうだったのにやっぱり不幸だったロミオとジュリエット
でいいんだよ!!!



その他気になる所。

朧が馬を駆るシーン、スタントの人が体格良い。由紀恵ちゃんの替わりじゃぁ誰がやっても・・・なのはわかるけど!ここもCGで小さくして置けばよかったのに(苦笑)。
砂丘ロケは、観ただけでバレバレだから太平洋側の砂浜設定で使うのは辞めろ。
カッコイイ絵を撮ろうとしてるのは伝わった。けど、顔アップが多すぎ。
"月をバックに空中でポーズ"は見飽きた絵なのでむしろ観ていて恥ずかしい。
オダギリジョーの演技を実ははじめて見た。憂いげで物悲しい表情はさすが!
だけど、そればかりで台詞回しは下手かも。




ちなみに一緒に観にいった彼は、仲間由紀恵に満足していた様子。
感想は「それなりに面白かったかな。」だそうです。原作も知りません。

たぶん、それが一番正しい鑑賞方法だと思います。
仲間由紀恵を観るためにSHINOBIオススメできます。


ちょっと私と近い感想の方を発見したのでリンク。>>つまりはそういうこと。
posted by ゆ at 21:51| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

10月の映画の日 −その3− 映画「忍−SHINOBI−」観ました。
Excerpt:  3作目は、邦画としてはじめて個人投資家に出資を募って製作された映画「忍−SHINOBI−」を観ました。 ′言でいうと、ワイヤーアクションは最高!役者の演技は。。。(;  ここからネタばれです。「..
Weblog: 拾稔堂店長のこうかい?日誌
Tracked: 2005-10-03 09:50

映画 《 Shinobi 》< 忍 > 2005年
Excerpt: 映画 《 Shinobi 》< 忍 > 2005年 私の勝手な評価 ★★★★★ 映画鑑賞日2005年9月30日 面白かったです。本当に最近の邦画、面白いです。洋画も面白いけど、最近は..
Weblog: お呼びじゃない?
Tracked: 2005-10-03 11:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。