2006年01月31日

シンデレラ城ミステリーツアー

TDL、シンデレラ城内のツアー終了へ(asahi.com)

 東京ディズニーランドのシンボル・シンデレラ城の内部をめぐるアトラクション「ミステリーツアー」が4月5日で、約20年の歴史に幕を下ろすことになった。
 86年7月、同園初の徒歩で回るツアーとして登場。探検しながらディズニーの悪役たちと戦う趣向で、最後にもらえる特製メダルを集めている人もいるなど幅広い年代に人気があった。
 「パークは永遠に完成しない」という理念に基づくアトラクションの更新が理由。ただ、シンデレラ城の外観は変えない。担当者は「城は永遠にシンボルですから」。

 * * * * * * *
TDLの話題。
モンスターズインクの新アトラクション計画が発表され、シンデレラ城ミステリーツアーが終了とのこと。
まず始まったのが20年も前だったことに驚き。

でも、私はあまり好きなアトラクションではなかったです。
2回行ったかな?最初できたときは、母が
「シンデレラ城に入れるんだって!」と興味津々で連れて行かれたのですが、私もそう言われて期待していたので、実際初めて入ったときは相当ガッカリしました。
2回目は従姉と行った時に、連れて行かれたから喜んで並んだわけではなかったです。

このアトラクションはお城の中のスペースを使っているだけで、お城の中という設定ではなかったですよね?(詳しくは忘れたけど)
だから期待ハズレで最初に『つまらない』判定を下してしまった。
並んでいるのを見ると不思議でしょうがなかったです。リピーターがいることとか。
だって、最後に選ばれなければなんにも面白くないよね?


しばらく行っていないTDRですが、今度行くときは自分が子連れになった時かなぁと漠然と思っています。
規模の拡張とともに、裏が見えてきたことや外界と隔離された場所でなくなってきたことで、園内でも"ハレ"の気分になれなくなったから。初めてシーに行ったときも、海藻やフジツボまで作ってあって、よくできてるなぁとは感心したけど全部ハリボテだと意識してしまって白けてしまうというか。

映画で実写映像に馴染んでないCGが目に付いた時と同じ気分というか。
まあ自分が天邪鬼なのと、プロと呼ばれる他人に厳しいので『裏を意識しないで純粋に楽しめるように意識する』ことがどうにもできないのです。

・・・大人になれてないわね。
posted by ゆ at 10:09| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース/テレビ/新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。